2回目の債務整理はできますか?

クレジットカードや銀行のローンなど、返済が苦しくなった時に債務整理をした経験がある人もいるでしょう。しかし、その後にまた借金をしてしまった場合、再度返済に悩んでしまう人も少なくありません。
2回目の債務整理はできるのか、気になる人も多いでしょう。
そこで、2回目でも債務整理が可能なのか解説していくとともに、その条件やスムーズに行うためのポイントを解説します。
 

債務整理は2回目もできるの?

債務整理を1回した場合、2回目以降はもうできないのではないかと考える人もいるでしょうが、実は債務整理には回数制限がないため、実質何度でも行うことが可能です。
しかし、2回目以降となると貸金業者が厳しい条件を出してくる可能性もあり、手続きなどに時間がかかるケースもあります。
ただし、これまでの返済額よりも低い金額でも返済が可能になるケースは多いので、諦めずに債務整理の手続きができるよう弁護士に相談してみましょう。
 

2回目の債務整理には条件があるから注意しよう

債務整理が2回目だと条件にいくつかの違いがあります。
債務整理の種類別に解説していきます。
 

任意整理の場合

1回目の債務整理が任意整理だった場合、再度任意整理をしたい場合でも回数や期間に定めはないため、合意が得られれば任意整理をすることが可能です。
ただし、1年以内など期間が短い場合には債権者の判断が厳しくなる場合もあるでしょう。
また、1回目の任意整理の後に支払いができなくなっていた場合、債権者が話し合いにさえ応じてくれないケースもあります。
これは、和解書を作成したのに支払いが遅れ、結局支払われずに進んだことで「信用ができない」と判断されたためです。任意整理ができないことで大きく悩んでしまうでしょうが、個人再生や自己破産といった方法であれば解決できる可能性もあるので、2回目以降任意整理ができなくなった場合には、違う方法で手続きを進めることも検討してみてください。
 

個人再生の場合

1回目の債務整理が個人再生だった場合、再度個人再生を行いたいのであれば1回目から7年経過していることが条件となります。
たとえ4年や5年経過していても個人再生を再び行うことは不可能なので注意しましょう。
 

自己破産の場合

自己破産を過去に行ったことがある場合、再度自己破産をする時には自個人再生と同様に最初の自己破産から7年以上経っていることが条件です。
7年経過していることで申し立てができますが、裁判所による判断が厳しくなるケースが多いです。
免責許可を出してもらえなければ自己破産をすることができないため、認めてもらえるよう申立書を作成しましょう。
また、事情があれば記すことが肝心です。
弁護士と相談し許可を受けられるよう対策を立てていきましょう。
 

2回目の債務整理をスムーズに行うためのポイント

初めて債務整理をした時は「もう同じことを繰り返さない」と決心し、新たに日常を始めていくでしょう。
しかし、環境が変われば借金を抱える可能性はゼロではありません。
再度返済が難しくなった場合も考慮し、生活を続けていくことが大切でしょう。
そこで、2回目以降の債務整理をスムーズに行うための方法をご紹介していきます。
 

【生活環境が変わったのであれば必ず伝える】

債務整理をした後、生活環境が変われば返済が難しくなるケースもあるでしょう。
返済できなくなった場合には、その理由を明確に伝えることが肝心です。
 

  • ・リストラにあった。
  • ・会社が倒産し転職をした。
  • ・病気で働くことが困難になった。
  • ・ケガをして働くことが困難になった。
  • ・事故を起こして相手方にケガをさせてしまい、賠償金の支払いを命じられた。

 
この他にも、離婚や結婚、出産など、環境の変化があったのであれば、債権者を説得できる可能性があるので伝えるようにしましょう。
 

【対策をしている】

2回目であれば、完済する意思があることをしっかりと伝えなければいけません。
そのためにも、具体策をとっていることを報告しましょう。
 

  • ・家賃の低い部屋に引越しをした。
  • ・ダブルワークをしている。
  • ・所持している財産を売却した。

 
など、努力している部分があれば伝えてください。
 

【弁護士に相談をしている】

信頼を得られなければ2回目の債務整理が難しくなるケースもあります。
自身だけで手続きをしていても話し合いに応じてくれない場合もありますが、弁護士に相談している場合は弁護士が間に入ってくれるので相談に応じてくれる可能性も高いです。
また、返済計画を立ててアドバイスを貰っている場合には信用してもらえることにもつながるので、弁護士への相談もスムーズに行うためのポイントとなるでしょう。
 

まとめ

債務整理には回数の制限がないので、何度でも行うことが可能です。
しかし、個人整理や自己破産を1回目にしている場合には、期間が定められているので、あらかじめ把握しておきましょう。
また、判断が厳しくなり債務整理に応じてもらえない可能性もあります。
そんな時には、スムーズに解決に導いてもらうためにも弁護士に相談し債務整理を計画的に行っていきましょう。

その他のコラム

新型コロナの影響で借金が返せないことは理由となるか

新型コロナの影響によって、仕事がなくなってしまったり、減給になってしまったりしたという人は少なくありません。そうなってしまった場合、借金の返済が難しくなってしまうことも考えられます。 万が一、新型頃の影響で借金が返せないとなった場合、それは認められるのか気になるという人もいるでしょう。   新型コロナで借金が返せなくなったら 新型コロナの影響によって、収入が減ってしまったというケースは多く見られます。収入が減...

弁護士に質問!パパ活・ママ活で発生した借金・金銭トラブルはどう解決すれば?

昨今話題になっているパパ活・ママ活。 芸能人のパパ活への関与が疑われたこともあり、パパ活というワードを目にしない日がないほどです。 パパ活・ママ活はパパやママと呼ばれる男女が、が若い方(場合による)に金銭を渡すことで、デートを楽しむという令和の援助交際ともいえる行為。 金銭のやりとりが伴う男女関係であることから、トラブルも少なくありません。 そこで今回はアウル東京法律事務所のパラリーガルが、今村弁護士にパパ活・ママ活に...

2回目の債務整理はできますか?

クレジットカードや銀行のローンなど、返済が苦しくなった時に債務整理をした経験がある人もいるでしょう。しかし、その後にまた借金をしてしまった場合、再度返済に悩んでしまう人も少なくありません。 2回目の債務整理はできるのか、気になる人も多いでしょう。 そこで、2回目でも債務整理が可能なのか解説していくとともに、その条件やスムーズに行うためのポイントを解説します。   債務整理は2回目もできるの? 債務整理を1回...

信用情報に掲載される期間

クレジットカードの返済が滞ったり、債務整理をしたりすると信用情報機関に事故情報として登録されます。いわゆる「ブラックリストに載っている」状態です。 日常生活において目立った不便さを感じることはないものの、少なからず不便だと感じる場面があるかもしれません。 しかし、信用情報機関に登録された事故情報は、一定期間を過ぎるとその情報は抹消されます。   任意整理は5年、個人再生、自己破産は5~10年 個人の...

住宅資金特別条項について

マイホームを所有している人が債務整理をする場合、マイホームを手放すことになるのでしょうか?借金を返すお金がない以上、最大の財産であるマイホームを売却してお金を用意し返済しなくてはいけないのだろうかと思われるかもしれません。 しかし、「住宅資金特別条項(住宅ローン特則)」の適用を受ければ、マイホームを手元に残したまま個人再生の手続きができます。ここでは、住宅資金特別条項について詳しくご紹介します。   住宅資...

相談は何度でも!相場よりも良心的な費用!