債務整理をすればクレジットカードは作れませんか?

あらゆる借金を減額もしくは免除できる債務整理は借金を抱える人にとってありがたい存在です。しかしながら大きなペナルティを受けてしまうのも債務整理の特徴の1つとなっています。
今回は、債務整理した場合のクレジットカードの作成について焦点を当てていきます。
はたして債務整理の最中や手続き後にクレジットカードは作れるのでしょうか?
 

Contents

債務整理後にクレジットカードは作れるのか?

結論から言うと、債務整理後にクレジットカードを作ることはできます。ただし様々な条件が課せられるため、すぐには作れないのが実情です。
こうなってしまう原因はブラックリストにあります。ブラックリストというのは個人信用情報機関によって管理されており、個人が信用できるかどうかを情報によって一目で確かめることができるものとなっています。
ここでブラックリスト入りしてしまうと信用はないとみなされ、クレジットカードの作成ができなくなるのです。借金の滞納のみならず債務整理をした場合であってもブラックリストに載ってしまいます。
 

ブラックリストから消えるタイミングは5年から10年

ブラックリストから情報が解消されるのは5年~10年と言われています。
債務整理をしてから上記の期間が経ったらクレジットカードを作れる可能性があります。
ただし、これはあくまでもチャンスでしかありません。
絶対にカードの審査が通るわけではないので注意しましょう。また、債務整理で減額や免除の対象にしたのがカードであり、そのカード会社のクレジットを作る場合には審査に通らないことがほとんどです。
いくら個人信用情報機関に保管されている個人の信用情報に問題がなくても、カード会社自体が保管している個人の信用情報に引っかかってしまえばアウトです。債務整理から5年~10年経ちブラックリストから解消されたという人は、クレジットカードをつくる会社に注意しなければいけません。
 

債務整理中に利用しているクレジットカードは使えるの?

債務整理によってブラックリスト入りしてしまい、しばらくの間クレジットカードが作れなくなるのは、すでにお伝えした通りです。債務整理中というのは3つの手続き方法で借金の問題を解決していくものです。
クレジットカードはその手続き方法の違いによって使用できるかどうかが決まっています。
 

任意整理

借入先の債権者との話し合いを設けて借金の返済方法決め直しを行う任意整理では、手続きの対象にしたカードのみ強制解約されてしまう仕組みになっています。
任意整理の対象のカードでなければしばらくの間は使用できるようになっていますが、カード会員の信用情報を定期的にチェックする途上与信のタイミングで使用できなくなることがほとんどです。
 

個人再生

裁判所に申立をして返済額を大きく減額できる個人再生では、裁判所の手続きによって強制解約されてしまいます。
持っているカードは使用できなくなり、任意整理のように借金問題の対象がカードになっていなくとも、カードによる支払いができなくなるので注意が必要です。
 

自己破産

抱えていた全ての借金をゼロにできる自己破産も個人再生と同じように、カードは使えなくなります。
借金の返済に困っている状況下で、クレジットカードがむやみに使われたら、カード会社にとっても大きな問題になってしまいます。
そんな過ちを行いためにも、裁判官の手続きによってカードは強制解約されるようになっているのです。
 

現金を持つのは不安…そんな人はデビットカードがおすすめ

デビットカードというのはクレジットカードとは少々異なり、同じカード支払いであるもののカードを使って支払ったと同時に、契約者本人の口座から使った金額が引き落される仕組みになっています。
デビットカードがあればカード一つで支払いができますが、クレジットカードで絶対必要とする審査が要らなくなります。
そのため、ブラックリスト入りしている人、もしくは債務整理中の方でも簡単に発行できるのです。自身の名義で申し込みはできますし、デビットカードを使ってスマートな支払いとネットショッピングでも利用もできます。
また、家族がクレジットカードを持っているならば、家族の信用情報だけをベースにして作成できる家族カードもおすすめで、他にもあらかじめ必要分を入金して使うプリペイドカードもキャッシュレス時代で活躍するカードになってくるでしょう。
 

まとめ

今回は、債務整理中やその後にクレジットカードが作れるかどうかをお伝えしてきました。
結論としてはクレジットカードを作れるものの、あらゆる問題が生じ、持つまでに10年以上かかった人もいればカードを作ることを諦める人もいます。
そんな問題を抱えないためにも日頃から借金の返済をきちんと行うほか、生活が安定しているならば、なるべく債務整理には踏み込まない方が良いでしょう。
債務整理を行ってしまったという人は記事の最後にご紹介してきたデビットカードや家族カード、プリペイドカードを賢く使ってキャッシュレスの世の中に対応していきましょう。

その他のコラム

2回目の債務整理はできますか?

クレジットカードや銀行のローンなど、返済が苦しくなった時に債務整理をした経験がある人もいるでしょう。しかし、その後にまた借金をしてしまった場合、再度返済に悩んでしまう人も少なくありません。 2回目の債務整理はできるのか、気になる人も多いでしょう。 そこで、2回目でも債務整理が可能なのか解説していくとともに、その条件やスムーズに行うためのポイントを解説します。   債務整理は2回目もできるの? 債務整理を1回...

債務の時効援用とその手続きについて

一定期間返済していない借金は、時効によって帳消しできることがあります。ただし、必要な要件を満たし、なおかつ、「借金は時効により消滅した」と債権者に主張しなければなりません。これを時効の援用といいます。ここでは、時効の援用に必要な手続きについて説明します。   時効の援用には手続きが必要 時効の援用は、借金を一定期間返済しなかった人が、「時効を迎えたことで返済の必要はなくなった」と債権者に意思表示することです。 ...

裁判所からの通知を無視すると生じるリスクについて

債権者が、裁判所を通じて取り立てる手段として、支払督促申立と通常民事訴訟の方法が考えられます。 しかし、ほとんどの債権者(特に貸金業者)は、支払督促申立を行います。民事訴訟は、原告(債権者)の主張だけでなく、被告(債務者)の主張も聞いて判決しなければなりません。一方、支払督促では、債権者の申立内容のみを審査して判断することになるので、時間と費用がかからず、債権者としてはメリットが大きい手段です。 そこで、債権者から支払督促...

債務整理は自分でできるのか

債務整理を弁護士に頼まず、自分ですることは可能でしょうか。答えは「可能です」。しかし、自分で債務整理をするにはデメリットが大きいため、おすすめはできません。弁護士に依頼した方が債権者も債務者もほとんどストレスなく債務整理ができるためです。 とはいえ「借金を返すお金もないのに、弁護士に依頼するお金なんてない」とお考えの方もいるかもしれません。それでも債務整理を自分でするより弁護士に任せた方がいい理由をご紹介します。 ...

自己破産における弁護士と司法書士との業務の違いとは

自己破産の流れに沿って説明していきます。   (1)受任通知 破産申立をする場合、まず、債権者に受任通知を発送します(※1)。 弁護士はもちろん、司法書士も作成して送付することが可能です。   (2)申立て 自己破産は、裁判所に申立をしなければなりません。具体的には、破産申立書を作成して提出します。 弁護士に依頼した場合、弁護士が代理人となり、自己破産を申し立てることができます。書面には、「...

相談は何度でも!相場よりも良心的な費用!