なぜ弁護士に借金問題の相談をするの?

なぜ弁護士に借金問題の相談をすべきか

弁護士は貸金業者ではありませんので、弁護士に借金問題の相談をしてもお金は貸してくれません。
しかしながら、借金で悩んでいるなら弁護士に相談をするべきです。
弁護士はお金を貸してはくれないものの、お金の支払いについてはなんとかできる可能性があります。

弁護士に依頼をすることで、毎月の支払額減額や総支払額減の可能性があります

弁護士に債務整理の依頼をすることで以下のようなメリットがあります。

  • ・まずは、今の借金の支払いについてはいったんストップ
  • ・通常なら支払いをとめると貸金業者から督促が来るところですが、弁護士が受任通知をすると、貸金業者からの督促はとまります
  • ・毎月の返済額が減額できる可能性があります(任意整理もしくは個人再生の場合)
  • ・利息をカットして、元金だけ支払っていくということにできる可能性があります(任意整理の場合)
  • ・借金そのものを減額できる可能性があります(過払い利息があった場合もしくは個人再生の場合)
  • ・借金そのものが免除になる可能性があります

支出をおさえるのが弁護士依頼のメリット

このように、弁護士はお金を貸してはくれませんが、弁護士に依頼することで支出をおさえ、生活を立て直すことができます。
まずはいったん支払いをストップして返済計画をたて、そして、収入と支出のバランスを見直し、問題なく返していけそうであれば返していく、任意整理や個人再生でも不可能であれば破産によって借金を免除してもらう、というわけです。

借金返済どころかその日生きていくお金すらないような場合には、社会福祉協議会に連絡を

お金も借りられず今日食べ物を買うお金もありません、という緊急事態の場合にはまず社会福祉協議会に連絡をしてください。

弁護士は貸金業者ではありませんので、こういった場合でもお金は貸しません。

しかしながら、生活福祉資金貸付という制度もありますので、まずは社会福祉協議会に連絡をすることをおすすめします。

弁護士に依頼をしたからといって安心すぎてはダメ

弁護士に依頼をすると返済がいったんストップになり、督促も来なくなるので、安心する依頼者の方が多いです。
もちろん、ほっと一息くらいついても問題はないのですが、弁護士に依頼をしたらそれだけで借金がなくなったように思われる方もいます。これは非常に危険です。

  • 弁護士に依頼をしただけでは借金はなくなりません。
  • 破産をすれば借金は免除になるでしょうが、きちんと書類を収集しなければ破産申立てまでいけません。
  • 任意整理や個人再生では返し終わるまで、破産であれば手続きが終わるまで借金はなくなりません。
  • ときおり、弁護士に依頼をしたら安心してその後なにもしなくなってしまう人もいますが、こういった場合には、弁護士ももうどうしようもないので辞任をしますし、各貸金業者からは訴訟提起をされ、給与の差し押さえなども受けるおそれがあります。

弁護士に債務整理を依頼することで大きな安心感がうまれますが、完済、もしくは、手続きが全部終わるまでは、借金問題も終わらないんだということをきちんと認識しておく必要があります。

その他のよくあるご質問

信用情報機関のブラックリストってなに?

信用情報機関とは 信用情報機関とは、貸金業者から、個人の借入額や返済状況などの情報を収集・管理し、貸金業者からの要請に応じて収集した情報を提供する機関です。 信用情報機関の役割 たとえば、クレジットカードを作ろうと思ったとします。 クレジットカードのキャッシング機能はもちろん、ショッピング機能の利用も、借金です。そのため、クレジットカード会社はカードを作る前に、その人が本当にお金を返せるような人なのか、合計どれ...

家族に知られずに債務整理できるの?

家族に知られずに債務整理できるのか 債務整理をしていることはもちろん、家族に借金をしていること自体知られたくない、という方は多いです。では、実際に家族に知られずに債務整理できるのでしょうか?これは手続きによって大きく変わってきます。 任意整理は家族に知られずにできる可能性が高い 任意整理はあくまでも各各資金業者との交渉です。 まず、弁護士が貸金業者に受任通知を送ると、貸金業者から直接の連絡はこなくなります。これは貸...

なぜ弁護士に借金問題の相談をするの?

なぜ弁護士に借金問題の相談をすべきか 弁護士は貸金業者ではありませんので、弁護士に借金問題の相談をしてもお金は貸してくれません。しかしながら、借金で悩んでいるなら弁護士に相談をするべきです。弁護士はお金を貸してはくれないものの、お金の支払いについてはなんとかできる可能性があります。 弁護士に依頼をすることで、毎月の支払額減額や総支払額減の可能性があります 弁護士に債務整理の依頼をすることで以下のようなメリットがありま...

今月分の支払いができないときはどうすれば?

今月分の支払いができないときはどうすればいいの? どうしても今月分の支払いができないというとき、どうすればいいでしょうか。まずは、収支のバランスを見る必要があります。 たとえば、クレジットカードで高額な買い物をしてしまったという場合にはリボ払いを利用するのが手です。 ただし、リボ払いでは高額な利息(手数料)をとられますので、リボ払いに頼った生活をするのはまったくおすすめできません(通常は年率15%でしょうか)...

相談は何度でも!相場よりも良心的な費用!