今月分の支払いができないときはどうすれば?

今月分の支払いができないときはどうすればいいの?

どうしても今月分の支払いができないというとき、どうすればいいでしょうか。
まずは、収支のバランスを見る必要があります。

たとえば、クレジットカードで高額な買い物をしてしまったという場合にはリボ払いを利用するのが手です。

  • ただし、リボ払いでは高額な利息(手数料)をとられますので、リボ払いに頼った生活をするのはまったくおすすめできません(通常は年率15%でしょうか)。
  • たとえば20万円であれば年利15%で、毎年の利息が3万円、単純計算で毎月の利息分が2500円になります。
  • しかしながら、100万円だったらどうでしょう。
  • 年利だけで15万円、毎月利息だけで、単純計算で12500円もとられることになります。毎月の支払いが2万円なら、半分以上が利息で消えていってしまうのです。

どうしても今月分の引き落としができないという場合にはリボ払いも良いですが、リボ払いにしたらその次の月の給与などで繰り上げ返済をしてしまうのがおすすめです。

また、毎月返済に困っているという状態の場合は危険信号です。
こういった場合には弁護士に相談することを強くおすすめします。
とくに、リボ払い分が計100万円以上あるというケースだと債務整理が必要な可能性が高いです。

他から借りて返してを繰り返すのは最悪の選択肢

今月分の支払いが厳しいから他の貸金業者から借りて、そのお金で返してしまうということをされるかたがいます。
しかしながら、これは最悪の選択肢です。
他から借りないと返せないということはすでに生計が健全にまわっている状態ではありません。

早期に弁護士のところに相談にきてください。

これを繰り返すと、破産しかとれなくなってしまう可能性が高いです。
破産しかとれない人の多くは、こういった状態になっています。
また、他から借りては返してを繰り返した結果、総量規制にひっかかり、もうまっとうな貸金業者から借りられなくなったので闇金から借りてしまったという人もいます。

闇金なんてもってのほかです。

闇金から一度でもお金を借りてしまうと、生活をめちゃくちゃに破壊されてしまいます。

借りて返してを繰り返してしまっている方は早急に弁護士に相談してください。

支払いをする前に弁護士に相談するのがおすすめ

債務整理を検討している方が弁護士に相談をするタイミングとしては、できるだけ早いタイミングがベストです。

  • たとえば、借入額が50万円、利息18%、毎月1万円支払っている業者があったとします。
  • この場合、単純計算で毎月7500円が利息に消えることになります。
  • そのため、まずは今月分を払ってから弁護士に任意整理を依頼したとなると、7500円損していることになります。
  • なぜかというと、弁護士はこの利息分をカットして、元金だけ返していくということで交渉していくからです。
  • 破産を選択するのであれば、1万円まるまる損になります。

そのため、今月はなんとか耐えて来月弁護士に相談しようではなく、苦しいと思ったらすぐに弁護士に相談するのがベストです。

アウル東京法律事務所では初回相談無料、費用も分割可能

アウル東京法律事務所では、債務整理に関する法律相談は初回無料で行っております。
弁護士に相談したからと言って、絶対に債務整理をしなければいけないということはありません。
弁護士の方から債務整理が不必要なようであればそのむねお伝えします。
また、費用に関しても分割でのお支払いをお受けしております。
安心してご相談ください。

その他のよくあるご質問

家族に知られずに債務整理できるの?

家族に知られずに債務整理できるのか 債務整理をしていることはもちろん、家族に借金をしていること自体知られたくない、という方は多いです。では、実際に家族に知られずに債務整理できるのでしょうか?これは手続きによって大きく変わってきます。 任意整理は家族に知られずにできる可能性が高い 任意整理はあくまでも各各資金業者との交渉です。 まず、弁護士が貸金業者に受任通知を送ると、貸金業者から直接の連絡はこなくなります。これは貸...

今月分の支払いができないときはどうすれば?

今月分の支払いができないときはどうすればいいの? どうしても今月分の支払いができないというとき、どうすればいいでしょうか。まずは、収支のバランスを見る必要があります。 たとえば、クレジットカードで高額な買い物をしてしまったという場合にはリボ払いを利用するのが手です。 ただし、リボ払いでは高額な利息(手数料)をとられますので、リボ払いに頼った生活をするのはまったくおすすめできません(通常は年率15%でしょうか)...

信用情報機関のブラックリストってなに?

信用情報機関とは 信用情報機関とは、貸金業者から、個人の借入額や返済状況などの情報を収集・管理し、貸金業者からの要請に応じて収集した情報を提供する機関です。 信用情報機関の役割 たとえば、クレジットカードを作ろうと思ったとします。 クレジットカードのキャッシング機能はもちろん、ショッピング機能の利用も、借金です。そのため、クレジットカード会社はカードを作る前に、その人が本当にお金を返せるような人なのか、合計どれ...

なぜ弁護士に借金問題の相談をするの?

なぜ弁護士に借金問題の相談をすべきか 弁護士は貸金業者ではありませんので、弁護士に借金問題の相談をしてもお金は貸してくれません。しかしながら、借金で悩んでいるなら弁護士に相談をするべきです。弁護士はお金を貸してはくれないものの、お金の支払いについてはなんとかできる可能性があります。 弁護士に依頼をすることで、毎月の支払額減額や総支払額減の可能性があります 弁護士に債務整理の依頼をすることで以下のようなメリットがありま...

相談は何度でも!相場よりも良心的な費用!