兄弟姉妹の自己破産は自身に影響ありますか?

Contents

兄弟姉妹が破産した場合、家族であるあなたに借金の返済義務を負うのではないか。

兄弟姉妹が破産したことによって、あなたにも何かしらの影響が及ぶのではないかという不安をお持ちの方も多く見受けられます。
 
破産した場合、破産者に対してのみ影響が及びます。
そのため、兄弟姉妹が破産したことによって家族であるあなたに債権者から借金の返済を求められたり、新たな借り入れといったローンの組み入れが出来なくなったりといった制限がかかることはありません。
繰り返しになりますが、破産は破産した本人に影響を及ぶのが原則です。
しかし、兄弟姉妹が破産したことによって家族であるあなたにも借金の返済を求められる場合もあります。
例外的に、破産した兄弟姉妹によってあなたにも影響が及ぶのは、
あなたが兄弟姉妹の借金について連帯保証人になっていたようなケースです。
以上のように、家族であるあなたが兄弟姉妹の借金について連帯保証人になっていたなどの事情がない限り、兄弟姉妹が自己破産してもあなたに影響が及ぶことはあまりないでしょう。
 

兄弟姉妹の破産が家族にも影響を及ぼすのか

次に、破産者本人に及ぶ影響
そして兄弟姉妹が破産した場合、家族であるあなたに間接的に影響を及ぼす場合もありますので、破産者本人に及ぶ影響・家族に及ぶ影響を順番に見ていきましょう。
 

破産者本人に及ぶ影響

債務整理を行うことで、本人はいわゆるブラックリストに登録されます。
ブラックリストに登録されることで、本人は新たなローンや借金をできず、クレジットカードの作成といった、経済的信用を基礎とする行為に制限を掛けられることになります。
また、自己破産をすることで、破産者として一定の職業に就くことが出来なくなります。
他人の資産や財産を取り扱う銀行員といったお客様の財産を管理する重要な業務に就労することに制限がかかります。
 
自己破産することによって、破産者の財産は換価処分されることになります。
換価処分とは、破産者の不動産といった財産を処分して金銭に換え、各債権者に分担することです。
この破産者の財産を換価処分することによって、間接的に破産者の家族へも影響を及ぼす場合があります。
 

破産者に及ぶ影響が間接的に兄弟姉妹であるあなたに影響を及ぼす場合

破産は借金をリセットするものではありますが、その反面破産者の財産を換価処分として金銭に換え各債権者へと分配することが必要となります。
そのため、破産者は不動産や預金債権といった多くの財産を手放すこととなります。
 

同居の家が処分されるケース

確かに、兄弟姉妹が破産した場合には、破産者本人のみに影響が及びます。これによって破産者本人の財産が失われることになります。
しかし、居住している家が兄弟姉妹である破産者の名義であれば、その家を処分しなければなりません。
破産者である兄弟姉妹とあなたが、処分される家に同居していても、その家を手放さなければなりません。破産者以外の人が家に住んでいても処分されます。このような場合には、破産者に及ぶ影響が間接的に家族の方にも影響を及ぼすといえます。
 

破産者が自動車を所有しているケース

兄弟姉妹が所有している自動車を家族であるあなたが使用している、または
兄弟姉妹とあなたが共有名義で自動車を所有しているような場合でも
兄弟姉妹の破産によって、その自動車は処分しなければなりません。
自動車の名義が破産する兄弟姉妹や家族との共有名義の場合、兄弟姉妹の破産によって自動車が使用できなくなるといった、実生活上の影響が出てしまう可能性はあります。
 

まとめ

本サイトをご覧になった方々は、破産の影響や破産することで生じる家族への影響を心配しているかと思います。
破産による家族への影響は、破産者の財産状況によってことなります。少しでも不安がある場合には弁護士にお気軽にご相談ください。

その他のコラム

誰にも知られずに債務整理することは可能か

債務整理をすることは、どの手続も適法に行われるものであり、何ら問題はありません。任意整理ができれば、契約自由の原則により、債権者と債務者との新たな契約を締結することですし、個人再生や自己破産は裁判所を通じて行われる手続です。債務整理をすることは個人の自由であり、権利であるともいえます。 しかし一方で、債務整理をすることは、各債権者に迷惑をかけることになることは間違いなく、もしかしたら共倒れさせることになるかもしれません。よっ...

債務整理をすればクレジットカードは作れませんか?

あらゆる借金を減額もしくは免除できる債務整理は借金を抱える人にとってありがたい存在です。しかしながら大きなペナルティを受けてしまうのも債務整理の特徴の1つとなっています。 今回は、債務整理した場合のクレジットカードの作成について焦点を当てていきます。 はたして債務整理の最中や手続き後にクレジットカードは作れるのでしょうか?   債務整理後にクレジットカードは作れるのか? 結論から言うと、債務整理後にクレジッ...

債務整理は自分でできるのか

債務整理を弁護士に頼まず、自分ですることは可能でしょうか。答えは「可能です」。しかし、自分で債務整理をするにはデメリットが大きいため、おすすめはできません。弁護士に依頼した方が債権者も債務者もほとんどストレスなく債務整理ができるためです。 とはいえ「借金を返すお金もないのに、弁護士に依頼するお金なんてない」とお考えの方もいるかもしれません。それでも債務整理を自分でするより弁護士に任せた方がいい理由をご紹介します。 ...

ブラックリストとは(信用情報機関)

ブラックリストとは ブラックリストとは、「信用情報に自己情報として登録されている状態」のことを、いわゆる「ブラックリストに載っている」というように巷では表現しています。 ブラックリストは実際に名簿やデータベースとして存在しているものではありません。 ブラックリストの正体は、債務整理を利用したり、クレジットカードや奨学金の支払いが一定期間滞った時に、信用情報に事故情報が登録されている状態のことを言います。   ...

個人再生で手元に残せる財産は?

個人再生で手元に残せる財産とは 個人再生では基本的に財産の没収はありません。 自己破産の場合には20万円を超える財産は基本的にすべて処分して金銭に換価しなければなりません。 一方で、個人再生では返済額と同額程度の財産を残すことができます。   住宅 個人再生では、「住宅資金貸付債権を除外して債務額の圧縮を行います。そのため住宅ローンは減額されません。購入した住宅のローンの返済が完了していない場合には、...

相談は何度でも!相場よりも良心的な費用!